数字

2010年7月28日

私の好きな「どくだみ」の花と、「ボリジー(ハーブ)」が咲いています。何だかこうして見ると、ずいぶん対照的な花に見えます。和と洋って感じ?どちらも宿根で丈夫&繁殖力の強い花です。

ニュースでは、児童虐待の数が過去最高らしく、都道府県で一番多い所、上位の県とその数字(%)まで発表されていました。「何々県では%で、もっとも多く・・・」などと聞いて、単純にこれは何のための数字の公表なんだろう?ってそう思ったんです。その対象となっている県に住む人にとっては、ちっともうれしくない喜ばしくないニュースでしょう。情報の公開といっても、その必要がどこにあるのかがわからない数字・・・。全国的に知らせるべきことなのかどうか・・・。何でも数字ばかりが乱立される中(支持率・失業率等)で、その数字に惑わされて、数字の裏にある見えなくても大事なことを、自分で判断する力・考える力が次第に失われていくんじゃないかと心配するのは、飛躍しすぎかな?

世の中が「虐待の連鎖」ではなく「優しさの連鎖」の社会になるといいですよね・・・。

どうしたらいいのかな?

カテゴリ:未分類 | 3 コメント

涼しい苫小牧へいらっしゃい!

2010年7月27日

花畑のハーブやコスモスは、すくすくと空に向かって成長しています。玄関先のチェリーセージも去年より花つきがよくって、きっと春の堆肥と肥料のせいでしょう・・・。手を掛けて育てると、必ず素直に答えをくれます。

精神科医の香山リカさんが、新聞で書かれていました。

うつ病の患者さんは、梅雨時になると「湿気が高く、晴れがないと気分が落ち込む」と言い、今年の猛暑には「これだったらまだ梅雨の方がいい」と言われたのだそうです。お天気と心は密接につながっていると言います。これだけ暑いと寝苦しい日々が続き、当然疲労と不眠にもなり、気分も落ち込みます。

北海道でも長い冬の間閉じこもる生活になり、自然「短期うつ」というのがあるそうです。

どんどん異常気象になり、人の体や心にも影響を及ぼすこと(うつ病の患者さんの増加)になるのではないかと危惧していた香山さんでした。

内地の猛暑とはうらはらに、ここ苫小牧では連日最高気温21度、22度という日が続き、窓を開けていても寒いので、閉めるという日々です。皆さんに申し訳ないほど快適な毎日です。(スカッとした晴れではなく、曇天つづきなんですけどね・・・)

ただ、道東のサンマの不漁は心配だなー・・・。これも異常気象のせいでしょうか。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

苫小牧市民は、レジ袋のことを〇〇〇〇袋と呼ぶ!って知ってました?

2010年7月23日

こんなキュウリ、見たことあります?「白いきゅうり」と名うって苗が売ってたらしくて、知人の方から育てたものを頂きました。人参・紫蘇と一緒に浅漬けにしてみましたが、お客さんには芳しくありませんでした。

きゅうりは「緑」という概念があるせいか、いつもと変わらずに漬けても、何だかおいしそうに見えません・・・。食欲と色は大いに関係ありですね。

昨日の「ケンミンshow」見ましたか?苫小牧ではレジ袋のことを〇〇〇〇袋と呼ぶ!!!というので、ついつい見ました。つれあいさんに「何だろうねー?」と聞いても、「かいもの袋じゃおもしろくないし・・・」

何だと思ったら、正解は「サミット袋」。確かに時々聞くことはありますけど・・・程度。

苫小牧の皆さん、レジ袋のことをサミット袋って当たり前に使います?

たまたま娘も見ていたらしく、「サミット袋って言う?」とすかさずメールが届きました。

番組では、さも市民がみんな使っている呼び名風にしていましたが、かなり無理な演出でしたね。

「サミット」という言葉は紙の町らしく、昔紙袋の底にマチがあって、立てるとちょうど山(サミット)のように見えることから、業界ではその紙袋のことを「サミット袋」と呼んでいたそうです。その紙袋がナイロンに変わってもその名はそのままで「サミット袋」という名が残ったということです。

「サミット」という言葉は、主要国首脳会議しか思い浮かべませんよね。

カテゴリ:未分類 | コメント

夏の飲み物

2010年7月22日

紫蘇の葉が繁殖しすぎてしまったので、「紫蘇ジュース」作ってみました。

前に買ってきた紫蘇の苗、表が緑で裏が紫という珍しい葉っぱ。

*大体350g?400g位を、鍋で20分ほどグツグツと煮ます。

*葉を取り出して、砂糖1キロ(というけれど、甘すぎるかな?と思い800gにおさえました)

*そこでクエン酸25gを入れると、この通りのきれいな赤。

*さらにキッチンペーパーで濾して出来上がり!

*炭酸と氷を入れて「紫蘇ジュース」をお好みの量で。(これに焼酎を入れると、おいしかった!!!はまるかも・・・)

夏には、色も鮮やかで体にもいい紫蘇ジュース、まだ紫蘇があるので、また作っちゃおうかな・・・。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

あちち、あち・・・。

2010年7月20日

いやはや暑い1日でしたね。毛穴全開!って感じでした。

夕方、空を見上げると「うろこ雲」がいっぱいに広がって、一人で見るのがもったいなくって、思わずつれあいさんを呼んじゃいました。お天気のことわざで、「うろこ雲が出ると、3日以内に雨が降る」というらしく、週間天気を見たら、何と明日は雨・・・。

自然界ってすごい!

今日の暑い日には、今年初めての「とんぼ」の姿も見てしまいました・・・。(まだ早いでしょ)

そうこうしているうちに、今夜10時から毎週楽しみにしているドラマNHKの「天使のわけまえ」が始まります。「料理」を通して、忘れている何かを見ている人に感じさせるいいドラマです。脚本は吉田紀子さん。Dr.コトの脚本家で、富良野塾の2回生。1度ご覧ください・・・。

カテゴリ:未分類 | コメント

連休、終了

2010年7月19日

終始、曇り空&小雨がときおり降る中、どうにかこうにかフェスティバルは終りました。土曜の夕方は、霧が出てきて何件か「花火大会はやりますか?」とのお電話を頂きましたが、予定通りの打ち上げでした。例年になく綺麗な花火で(と言っても、いつもの留守番だったので、外からの眺めでしたが)、見終った人たちの感想もとてもいいものでした。見学の車がいっぱいで、路上駐車だらけ。「ここは勇払?」と思ってしまうほどでした。残念ながら今年で終了。つれあいさん、お疲れ様でした・・・。もう少し、勇払にも若者がいて活気があったらね・・・。主催に関わるスタッフの問題は仕方ありません。

昨日・今日は実家から母と兄・兄のお友達が泊りで来ていて、近場をドライブ。昨日母とは、「イコロの森」へ行ってきましたが、バラが満開、たくさんの花が咲き乱れてそれはそれは、みごとでした。人もたくさん出ていましたよ。夏に行って見たいと思っていたので、満足!私の一番好きな場所ランキング(市内での)で上位ですね。(豆知識:「イコロ」の意味は、アイヌ語で宝ものという意味だそうです)

今日はみんなで(つれあいさんは勇払の浜でひとりヨットの練習)、金太郎池に行きましたが、おりしも中学校駅伝をしていて、選手達は真っ赤な顔でたすきを掛け一生懸命に走っている姿を見ました。金太郎池には鮭ほどの大きな鯉と可愛いかも達がいて、パンをあげる男性に集まってきていました。子供のかもも3羽いて、とっても可愛いのです。

それから展望台に登り(初めて行きました)、苫小牧が一望、いい景色を見てきました。しかし、日曜日&連休だというのに、展望台に訪れる人の姿もほとんどなく、兄は「これは事業仕分けの候補だな?」なんて冗談を言ってましたね。緑広がる大きな原っぱに涼を呼ぶ噴水。子供と遊ぶのには絶好の場所ですね。

てな訳で、久しぶりに休日らしい休日を楽しんできた2日でした。

カテゴリ:未分類 | コメント

マリーナフェスティバルに来てくださいね

2010年7月15日

今日の朝刊(道新)にはさんであった「とまこむ」に出ていましたね。

「となりのおじさん」につれあいさんが・・・。この間の「とまこむ」の「イケメンさん!こんにちわ」のコーナーには若い消防員の方がカラー刷りで2枚の写真に比べて、さすがおじさんのコーナーは白黒写真・・・。(まあまあ) でも、話したことは全て網羅されて取材の方の筆力はさすがです。海の日にちなんでの取材だったため、このタイミングだったのでしょう。(つれあいさんはうれしそうでした。でも年、ばれちゃったね・・・)

そのつれあいさんは大忙し!マリーナフェスティバルの催しの中の、「さわやかビーチマラソン」の支度であたふたしています。今もコースの草刈に行っています。(さくらを連れて) いまのところお天気は土曜日は晴れですが、日曜日はあいにくの傘マーク。小・中学生も大勢参加する予定になっていて、お天気次第ですねー。何とか晴れがもっていてくれるといいのですが・・・。花火もとても綺麗ですから、どうぞ皆さん見にいらしてくださいね!!(上に着るものを忘れずに、寒いので)

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

いよいよあの人物が登場?

2010年7月13日

多少雲はあるものの、北海道らしいカラッとしたいいお天気でした。でもこれが続かないんですよね。気になる週末のお天気は、曇り。「マリーナフェスティバル」の成功もすべてお天気次第です。きれいな花火があがるといいな・・・。

サッカーのワールドカップが終ると、途端に政治一色になったので、どうしても話題はそこにいってしまうのですが・・・。

10月にある衆議院議員補欠選挙の北海道5区。いよいよ出たか!という人物。

小林千代美さん辞任のあとは果たしてだれ?当然、町村さんの名前があって不思議なし。

そして対抗馬が出ました。とうとう新党大地から「松山千春」さんの名前が。鈴木宗夫さんの口から出ましたよ。知事か国会議員かとうわさされましたが、ここで登場?あと3ヶ月ほどの時間でも、ビッグネームの千春さんですから、出馬するとなるとおもしろくなりそうです。(実は私、高校生の頃千春さんのおっかけでした。日曜日には、サンデージャンボスペシャルの公開放送でSTVホールによく行ってました。髪がふさふさあった頃です)

鈴木宗夫さん。北海道以外に住んでいる人には、どういう風な人に受け止められているかはわかりませんが(疑惑のデパートや疑惑の総合商社やら言われてましたもんね)、少なくとも北海道人には好意的にというか、何かやってくれる人という、ある種の期待感を持たせてくれる、魅力のある人なのではないかと、個人的にそう思うのです。他の政治家とはちょっと違う、泥くさいというか、同じ体温を感じるというか・・・。ポーズや演出も計算のうちとは思うけれど、ちょっと惹かれるものを持っているように感じます。今回の徳永さんの当選には大きな原動力となりました。

きっと、今求められているのは、困惑・不安・目に見えない手探りの中でも、いつでも熱く・うそのない・強くぶれないリーダーシップで舵取りができる人なんでしょうね・・・。女性が求めている男性像もそこかも?坂本龍馬人気もなるほど、うなずけるぜよ・・・。

カテゴリ:未分類 | 5 コメント

投票日

2010年7月11日

久しぶりの青空で、空気もからっとした感じ。気持ちがいいです。

今日は、投票日。お昼のニュースでは、投票率16%台だとか。低いところでは、埼玉・千葉が3%台。北海道に至っては、19%台だそうです。最終的に投票率がどの位になるのかが興味あるところです。

昼に実家に電話すると、「朝の涼しいうちに選挙に行ってきたわ。すぐそこなのに、やっとの思いで疲れた・・・」。母は年々足が弱くなり、杖なしには外出できません。

私が記憶するには、ずーっと両親は投票をかかしたことがありません。特別に入れ込む政党があるという訳でもありません。何の学歴もないただ貧乏性・苦労人の親です。欠かさず投票に行くことは、自然と子供心に当たり前のことと思い、私も投票を欠かしません。これも親の背中を見てきた証・・・。

どの党が勝ったにしても、弱った足を引きずりながら、投票に行く高齢者を決して見捨てぬ社会であるように・・・。戦後、この社会を築きあげた今のお年寄りが笑顔であるように・・・と願っています。

カテゴリ:未分類 | 3 コメント

この夏は・・・。

2010年7月7日

今日は七夕。今、空を見上げてみたらどんよりくもっていて、星ひとつ見えません。2人は会うことは叶わないのかな・・・。(今の時代なら携帯があるのにね)

今朝の道新苫小牧版で「のぼうの城」が映画化される記事が出ていました。去年、「本屋大賞2位!」の戦国時代劇が苫小牧で撮影する旨が・・・。8月の中旬に撮影開始。ストーリーや役者さんは「のぼうの城」で検索すると、出ています。

実は、この映画の話は6月初め制作の担当の方が見えて、話は聞いていました。さっそく、本を買って読みましたが、最初の方は登場する人の名前が覚えられないのとで、ページがなかなか進まなかったのですが、合戦になってからはストーリーがスピーディーで一気に読むほど面白い本でした。気になるのは配役で、6月終わりころ発表され、原作を裏切らないぴったりの配役でとても楽しみな映画になりそうです。(今回は北上荘では、合戦での騎馬隊(?)役の役者さんが多数宿泊されることになりました)

何だか、今年の夏は忙しくもあり、楽しみでもあり・・・。どんなことになるのやら・・・。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

次ページ »



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.