心に太陽を持て

2011年6月27日

心に太陽を持て

嵐が吹こうが 吹雪が来ようと

天には黒くもが 地には争いが

絶えなかろうと

いつも心に太陽を持て

唇に歌を持て 軽く朗らかに

自分のつとめ 自分の暮らしに

よしや苦労が絶えなかろうと

いつも 唇に歌を持て

苦しんでいる人 悩んでいる人には

こう励ましてやろう

「勇気を失うな 唇に歌を持て 心に太陽を持て」

・・・1935年 ドイツの詩人フライシュタイン作 山本有三訳・・・

今朝の「おひさま」で久しぶりに聞いたこの詩。たしか小学生の頃、国語の授業で出てきたような・・・。

ストーリーの中と今では時代背景も状況も違うのに、今この不況・震災の真っ只中にいるせいなのか、被災された方々を思うと何だかこの詩がじーんと心に響く。

幼い頃には何とも思うこともなかった詩が、たくさんの時間が経ち、たくさんの経験をしてきて、今こんな年になって習ったことを思い出すなんて、教育はあとから効く薬のようです。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

あちこちで違いますね

2011年6月24日

夕べからの恵みの雨のおかげで、花たちもいきいきしているよう。同時に宿敵「スギナ」もあっという間の成長!いやになってしまいます・・・。

夕べからの雨のせいか気温も低く、日中も17度位。ちょうど今沖縄から来ているお客さんも「寒いので、暖房入りますか?」とのこと。「この寒さは沖縄の冬だよ」とも・・・。

さっきのニュースでは、埼玉県熊谷では39.8度。信じられませーん!

そして日本海側の東北では局地的な大雨ですね。土砂崩れも心配で寝てられない様子。

こんな狭い日本で、これだけの差があります。寒いなら服を着るだけで済みますが、猛暑&節電ではどうしたらいいのか?

クールビズやらお店の開店時間を早めたりだとか、申し訳ないのですが北海道では別の世界の話のようで・・・。

今も長袖ですが、肌寒いです。

早くお風呂にはいろう!っと・・・。

カテゴリ:未分類 | コメント

始まります!

2011年6月22日

いよいよ甲子園への切符をかけて、高校野球北海道大会室蘭支部予選が25日から始まります。苫工野球部OBであるつれあいさんに、野球部通信が送られてきました。メンバーの顔ぶれが出ている他に、「心の野球 15箇条」も書かれていました。校訓は「質実剛健」

1.積極的に授業に参加する。

2.三原則(挨拶・時間・整理整頓)を徹底する。

3.奉仕活動を徹底する。

4.目配り・気配りを徹底する。

5.言い訳を捨て去る。

6.常にプラス思考で考える。

7.身だしなみを整える。

8.返事は「強く」「短く」「はっきりと」。

などなど、このあと続くのですが、その中でつれあいさんと驚いたのは、

「メシを1日6合食べる!」・・・

という訳で、上の写真です。普通のカレー皿大盛り1枚で2合ですから、6合とは恐れ入りました・・・。

思い出せば、3年前の春合宿でうちに泊った時も、どんぶりで5,6杯食べてましたからねー。

そう考えれば、息子が上手くなれなかったのは、食が細かったのもあるのかなー?(ということにしておきましょう。)

モリモリ食べてパワーアップして、大会に臨み是非円山球場へ行って欲しいな!!!

そして、何といっても娘にとって最後のバスケのインターハイ全道大会が24日から始まります。場所は旭川。1年にこの時だけの繁忙期で夫婦共に応援に行くことができません・・・。娘よ、ごめんね!

何がなんでもベスト4に進んで、運がよければ山の手の次の枠で全国大会へ!

風邪、治ったかなー?

いい知らせを勇払で待ってることにします・・・。

カテゴリ:未分類 | 4 コメント

花、咲き乱れます

2011年6月16日

やー、今日は北海道らしいからっとしたいいお天気でしたね。花たちも次から次へと咲き乱れています。

白く長細いすずらんのような、この花の名前をご存知の方、教えてください!

最近、耳にする「ホットスポット」という言葉。高濃度の放射線のある場所のことを言うらしいのですが、ついこの間までは福山雅治さんがレポーターとなって訪れた最後の楽園「マダガスカル」のはずでしたが・・・。

「メルトダウン」から始まって「シビアアクシデント」など、日本語で訳すると深刻な言葉もカタカナにしてしまうと、何だか事態の深刻さが薄れてごまかされているような気がするのは、私だけでしょうかね?

「堂々と日本語で勝負しろ!」って言いたいな・・・。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

週末に

2011年6月13日

去年のこぼれ種で咲いた、「ネモフィラ」一輪。苗で買った花よりも、いとおしいですね!よくまた咲いてくれましたって感じで・・・。そして紫色の「アジュガ」。この紫色は何ともいい色。大好きなデルフィニュームに近い色かな?

週末は、東京に住む兄夫婦(例のアルキメデス君です。)がアポイ岳登山にやって来て、その帰りに勇払に来ました。札幌の兄も来て久しぶりに家族が集合。実家が札幌から勇払に移ってきてからは初めて。つつじやたくさんの花が咲き始めて、いい時に来たかも?

こういう風にみんなで元気で会えるっていうのは、幸せなことです。今だから本当にそう思う・・・。ずーっとこんな風にいられたらなーって思うけど、そうもいかないし・・・。大事にしましょう、家族の絆を、縁を・・・。

だんだんと仕事も走り出し、しっかりと食べてしっかりと寝なきゃ!体力が続きません。頑張るぞ!!!

カテゴリ:未分類 | 4 コメント

やっぱりセンター?

2011年6月10日

「鯛つり草」。名前がいいなー。釣竿にぶら下がっている鯛のような姿からきたという名前。気に入ってます。

札幌では「よさこいソーランまつり」が始まっていますね。さっきテレビで見ていましたが、若さあふれる舞がまぶしいほど。夕方の震災のニュースに涙ぐみ、所変わればいつもと同じお祭の様子に少々戸惑っています・・・。

よさこいのチームのセンターを踊る人にどうも目がいってしまい、その人の印象でチームの全体印象も決まってしまうように見受けられ、改めてセンターの重要性を感じます。さっき踊っていたどのチームかな?センターで踊っていた男性でお腹が見えていて、長州子力さんとパパイヤさんを足して2で割ったような姿が印象的な人、あるいはどこから連れてきたの?って聞きたくなるほど綺麗で美しく舞っている女性。

AKBのセンター争いも熾烈でしたが、やっぱりセンターって大事かも?

そしてこの国のセンターは、どうなっちゃうんだろ?

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

いいお天気で、気持ちいい!!!

2011年6月5日

朝、起きると久しぶりの爽やかないいお天気。思わず今日が体育大会だったらよかったのに・・・と思ったほど。おそらく市内の中学生を持つ親は100%、そう思ったはず。だって昨日のあのお天気では、さすがに気の毒。霧はかかって真っ白な世界で、おまけに例年どおりの寒い1日。「ベンチコートでも鳥肌がたったよ」との同情したくなる感想を聞きました。本当に保護者の方、学校関係者の方、お疲れ様でした。苫小牧は秋の方が、お天気もよくからっとした日々が続くので、季節は秋の方がいいかも・・・。なんて、今はもうその年代の子供もおりませんが・・・。

青空のおかげで、気温も高く暖かな1日でした。しばらく低音が続いていましたから、この暖かな日が続いてくれると、花達もすくすくと成長してくれるんですけどね。インパチェンスもベコニアも寒さで瀕死状態でしたから、「神様、頼みます!!!」って感じです。

函館では水温が低いせいか、スルメイカ漁が始まっても、初日たったの45ハイしか水揚げできず、その45ハイも10万円の高値だったそうですよ。ご祝儀相場でもあったのかな?

まあ、何につけ天候が食べ物にも左右しますから、季節にふさわしいお天気になるといいなーって思います。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

再会しました

2011年6月4日

懐かしい、そしてうれしい再会がありました。

2003年の苫小牧でのタンク火災事故が起きた際、全国あちこちから消防車やそれに関わる方々が勇払に集まりました。その時は本当に消防車の博覧会のようでした。その際、うちに宿泊された神戸消防署のお客様。宿泊された時には、色々と興味深い話を聞かせていただき、趣味で絵を描いていて(写真の絵もその時、書いてくださったものです。)帰りには、北海道にはない指令車の中も見学させていただきました。

そのお客さまが、今は定年を迎えこの度自転車で旅行されて、8年弱ぶりに訪ねてくださったのです。3週間ほど前から神戸を出発して、1600キロの道のりを遠路はるばると・・・。さすがファイヤーマンだわ!青森県の大間がゴールのはずが、意を決しての津軽海峡越え。

今回ももちろんスケッチブックを携えて、行く先々の風景などをスケッチされて、それを見せていただきました。色えんぴつのパステル画で、人柄が出ているようなそれは優しい絵です。

お酒を飲みながら、たくさん旅行の話も伺いました。

地元のNPOからもらった神戸での震災のシンボル「はるかのひまわり」の種を、今回の震災の現場まで届けるという目的も無事果たし、最後は根室にいる親戚を訪ねるのみだそうです。

今日は霧も深く、予定通りの無事日高方面まで着けたでしょうか?

こうしてまた、懐かしく楽しい再会ができるのもこの商売の楽しみでもあります。ほんとうれしいですね・・・。

それにしても神戸から北海道まで、それも還暦を過ぎてからなんて、すごい!のひと言。

つれあいさんは、「とてもじゃないけど、1日でギブアップだなー」・・・。

やっぱり若い頃からの鍛え方がちがうんですね。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.