支援とよべるのかな・・・。

2014年1月28日

今朝も雪が積もっていました。昨日の雪と違って水を含んだ重い雪・・・。まるでシャーベットのようです。

ところで、宮城県の被災地支援として、ただ今「ぞうきん」にするためタオルをミシンがけしております。お義父さんが宮城県人会の苫小牧支部会長なのですが、宮城県からの要請で道内の支部へ「ぞうきん」のお願いがありました。

用途は、仮設住宅から公営の住宅へ引越しする際のお掃除に使うものだそうで、その枚数はすごい数。ちょうどお客さん用としては色あせて出せなくなったタオルがたくさんあったので、少しだけお役に立てたらと思い、久し振りにミシンに向かう毎日です。

遠く離れていて、何もお手伝いできることがないと思ってましたが、こうして少しだけでも繋がって役にたてたら嬉しいかな?

もうすぐ3年が経ち、それぞれの記憶が薄れていくなか、まだまだ大変な状況は変わっていないのですね・・・。

カテゴリ:未分類 | 4 コメント

春日大社

2014年1月24日

春日大社は20年ごとに御殿の修復をするらしいです。去年は出雲大社も修繕していましたね。「痛まなかったら30年ごとでもいいのではないか?」と言われることがあるらしいのですが、20年にはそれなりに理由があるのだそうです。日本の文化の伝承・・・。

人間の寿命に合わせているらしく、修繕には特殊な技術が必要で、どんな大工さんでもできるわけでもありません。20年ごとであれば、初めて経験する20代の息子、2回目で中心的な役割を果たす40代の父親、そして3回目となる経験を活かし、指導者として適切なアドバイスができる60代の祖父という三世代が揃って、確実に次の世代に技術や技法が伝承できるのだそうです。

それが30年に延びると、それぞれ30代、60代、90代となり実質的には二世代しか関わることができません。

式年造替が20年というのは「人を育てる」制度であって、ゆえに千二百年も美しさを保つことができるのだそうです。

先人の知恵、凄い!なるほどですね・・・。

今、問題になっている鉄道会社の若手の技術力不足・コンビナート火災などの危険察知する職人ならではの「感」の不足。

不況により、新人を採用することを控えて、年代のバランスが崩れているようです。

先人に学ぶことがいっぱいあります・・・。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

悲しい事件

2014年1月23日

まったく・・・寒い日が続きます。日本だけではないようなので、我慢はしますが。

民生委員を12月から引継ぎ、それぞれの一人暮らしのお宅訪問へいよいよ一人でデビューしました。本当にというか有難いことに、皆さん温かくて「ご苦労様」だとか「こうやって様子を見に来てくれてうれしいよ」の言葉をもらい、こちらの方が気持ほっこり・・・。俄然やる気もでてきます!

世の中では、今一番視聴率が取れるのではないかという「認知症」をテーマにした情報がいっぱい。どれも不安をあおるものばかりです。

たとえそうなったとしても、「全然大丈夫!安心して!みんなまわりでフォロしてるからね」というあったかい社会作りも多いに必要なのではと強く思うのです。

安心して会社を続けながら、介護できる社会体制。

悲しい事件が中標津で起きました。進んでいく父親の介護に疲れ57歳の息子が父親の首を絞めて殺してしまいました。妻と二人で始めた介護も妻が病死。自分は仕事を辞め、真面目に一生懸命父親を見ていたと近所の人は言います。

胸が苦しくなる事件です。

自分は介護する環境からは無縁だから・・と言っていられる今ではありません。

「絆」を求めている人は、たくさんいるのです・・・。

カテゴリ:未分類 | 6 コメント

女子、すごい!

2014年1月18日

毎日しばれる日が続きますねー。ここのところ15℃~18℃ですよ・・・。もちろんマイナス。ラベンダーもこのとおりです。

それでも例年より雪が少ないので、楽な感じはします。岩見沢は豪雪で、車もすれ違えないのだと聞いています。やっぱり北海道は広いですね・・・。こんなに違うんですから。

昨日の直木賞と芥川賞は3人とも女性でした。特に直木賞の姫野さんはかなり個性的で会見も楽しかったです。ここ最近女性の進出はすごいものがありますね。ドラマの原作や脚本も女性が多くて、頼もしいかぎり。ジャンプの沙羅ちゃんも凄すぎる・・・。世の女性にやる気と勇気を与えます。

元気のない日本を明るくするのは、「女子力」かしら・・・。

カテゴリ:未分類 | 6 コメント

昨日は・・・

2014年1月15日

毎朝、日めくりを1枚はがし・・・。

「あら、昨日は結婚記念日だったではないですか。それも25周年」

調べてみると、銀婚式!

私達夫婦に共通していることに、何周年に全然こだわらないこと。イベントもプレゼントもなし。

あら、そんなに経ったんだなーと感慨にふけるだけ。マラソンの何キロ地点を通過するようなもの。

でもオリンピックの年に「銀」なんて、今年は幸先がいいかも・・・。

カテゴリ:未分類 | 6 コメント

成人式終了

2014年1月13日

今朝7時の気温。シバレましたねー。歌登では29.5度と言うのですから、勇払の倍の寒さ・・・。どんな寒さなのか想像もつきません。

そして写真は昨日の成人式の娘です。顔公開は「かんべん」というので、後ろ姿です。昨日も厳しい寒さでしたが、若い娘は何のその。同級生にも会えてとても楽しそうでした。あとで友達の写真も見せてもらいましたが、みんな綺麗になっちゃってね・・・。

思いますね、女が人生でみんなにチヤホヤされるのは「成人式」と「結婚式」の2回ではないかと・・。

とすれば、あとは結婚式か・・・。

何だかとても疲れました。ほっとしたのかな?

カテゴリ:未分類 | 6 コメント

日本列島冷え込んでますね

2014年1月10日

今朝7時の気温です。この間の朝のほうが冷え込んでたかなー。陸別では23.8度、岩見沢では24時間に降った雪が41センチ。ここ勇払では土が見えてます・・・。日本海側と太平洋側ではがらっと違います。ここは晴天ですから・・・。あちこちでダイヤも乱れ、この週末はどんなことになるのやら。日曜日は娘の成人式なので、荒れないことを祈ります。

カテゴリ:未分類 | 3 コメント

アイ ラブ ホッカイドウ

2014年1月6日

シンガーソングライターの大貫妙子さんが、3年前から札幌に移り住んでいるという朝刊を見ました。そう、あの震災のあった直後。友達は沖縄などに引越して行ったけれど、大貫さんは札幌を選んだのです。

直後は、さまざまなことに驚きます。お赤飯に甘納豆が入っていたり、魚のフライはホッケだったり(北海道では定番中の定番)。そして人の親切さにもびっくりします。

そして大貫さんは言います。

「生きていくことに最小限必要なものは、水と空気と食料である。北海道はそのすべてを満たしている。こんなに心強いことはないと思う」

最大のほめ言葉ではないですか。

北海道がやっぱり大好きだな~

カテゴリ:未分類 | 9 コメント

明けましておめでとうございます

2014年1月4日

新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

という訳で、勇払の三が日は珍しく雪がほとんどない穏やかなお正月でした。

とは言っても、クリスマスから年末年始・そして今も無休状態のこれまた珍しいお正月。頑張ってますよ!

昨日は、同じく休みがなく働いている娘のホテルへ食事に行ってきました。千葉から帰省している息子とつれあいさんと一緒に・・・。

食事の途中に出てきた娘は、白衣や帽子姿がお盆に行ったその時より、様になって見えて何だか眩しいのと誇らしげに見えました。休みのない勤務で体調を崩しているらしく、「ゴホン、ゴホン」と咳をして風邪をひいている様子。来週は苫小牧に帰ってきて成人式なので、それまで治るといいのですが・・・。

明日は息子も帰り、お正月バージョンは終わりです。

またまた今年も寒さに負けず、頑張ります!

カテゴリ:未分類 | 6 コメント



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.