信じられるのは・・・

2012年7月22日

リシマキア。お天気のいい庭には、この黄色がよく映えます。

「23日から節電期間が始まります。もし計画停電になったら、〇〇さんの家は21のグループ分けなので・・・」と母の所に来ているリハビリの先生が親切丁寧に説明してくれます。

「計画停電の警報が出たら、日高線も見合わせとなり・・・」とテレビでは流れます。

そんな事ないかとのんびりしていると、でもいよいよその日がくるのかな・・・とも思ったりして。

国や政府の言うことは、もはや信じられない風潮なうえに、「計画停電なんて電力会社のおどしさ・・・」とも言われ・・・。

どこを信じたらいいのやら。

警察は情報を漏洩し、多額のお金を手にし、教師がわいせつな事件を起こすというニュースが報じられ・・・。

おおよそ信じられないことばかりが起こって、不安とやるせなさとタメ息ばかり・・・。

今朝、テレビを見ていたら山本一力さんが文珍さんと対談をしていました。

「昔の大人は、近所の子でも悪いことはきちんと叱って、ピーンと背筋が伸びて、凛としていた。そんな姿に自分もあんな大人に憧れていたし、なりたいと思った」という類のことをおしゃっていました。その言葉が耳に残っていて。

今の子供が、「あんな大人になりたい」と思わせる大人がどれくらいいるんだろう・・・。

凛として憧れる大人。

計画停電からずれてしまいましたが、毎日余力電力がどれくらいあるのかと心配しながら、テレビをみる日々になりそうです。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. アルキメデス 7月 23, 2012 4:26 PM

    計画停電は全道的なの!?
    なんか怪しい空気を感じるけど・・・・。

    気温が上がらなければする必要なし!!

  2. admin 7月 23, 2012 9:38 PM

    アルキメデス様
    そう、全道的なものだと思う。
    病院や大型商業施設ははずすとか聞いたけれど、どうなんでしょう?
    あちこちで節電の取り組みを真剣に実施し始めたし、何とか乗り切れるのでは・・・。
    ただオリンピックがねー、テレビで応援したいし、せめて1台のテレビで家族揃って!かな? 女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.