裁判のゆくえ

2014年4月26日

オバマさんの来日の陰で、気になっていた裁判がありました。 認知症の91歳の高齢者が家族の目を離したすきに、線路に入り列車にひかれ死亡しました。その際のJR側からの損害賠償の裁判です。1審は、妻(85歳)が見守りを怠り、長男の監督不足を指摘し、720万円の判決。それに対し弁護側から、専門家による「24時間すきのない介護は無理」との意見書を携え2審へ・・・。 そして今回の判決は、長男は20年もの間実家を離れ、監督責任はなく、妻に対しては半分の金額の支払いを命じました。 考えてしまいました。 妻が目を離したすきと言っても、疲労からくるうたた寝だったようです。 JR側の言い分は、男性は十分に資産もありヘルパーなどを派遣してもらうこともできたはずとのこと。 裁判はまだ続くようです。 国は「オレンジプラン」と言って在宅で介護する道に進んでいます。具体的に実態を知らず政策だけがどんどん進み、介護する側はそれについていけないのが実情です。 このように徘徊する認知症の高齢者が、外に出されることもなく監禁状態になるのではないかと心配です。 そんなことになったら、人間の尊厳はどこに・・・。 そして多額の賠償を支払うこになる家族の、親に対する最後の思いは憎しみになってしまうのではないかとも・・・。 難しくて深くて、すぐにいい対策がでない事柄です。 ただこの先、増えこそすれ減ることのない悲しいこと。この先の裁判に注目したいです。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. tama 5月 10, 2014 10:34 AM

    高齢者の認知症・徘徊これからいくらもある問題ですね。
    身につまされます。
    核家族では親夫婦・一人暮らしの老人も増えるばかりで、
    ホームに入れない人もいらっしゃるでしょうし、
    老々介護も中々大変ですし中々複雑ですね。
    徘徊していた人が事故に遭遇した場合、本当に被害者も加害者も
    解決のつかない問題ばかりだと思いますね。

  2. admin 5月 10, 2014 9:30 PM

    tama様
    本当にこの先、難しく避けて通れない問題だと思います。
    決して他人事と思わないで、関心を持ち続けることが必要だと思います。 女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.