正体が明らかに・・・

2014年6月7日

IMGP3078気が付けば6月になっていました。1年で一番忙しい時期に突入・・・。1年と言わず体力も落ちてはいますが、弱音ばかり言ってられず、ここは「こぴっとしなし!」と乗り越えねば。

「大判草」の正体がだんだんと明らかになってきました。どうやらあの「でんでん太鼓」の元は花が終わったあとのがくの部分のようで、それが次第に大きく平たくなっているみたい。どうしてこの花だけがこんな状態になるのか不思議ですね。

大判草の隣では、クレマチスが咲きだしました。満開になったら公開します。

カテゴリ:未分類 | 4 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

4 コメント
  1. tama 6月 7, 2014 5:22 PM

    写真でよくわかりました。
    感心して見ました。
    不思議ですね。中々見応えのあるお花ですね。
    なんと言っても大判ですからね・・・・・
    ありがとうございました。

  2. admin 6月 8, 2014 8:39 PM

    tama様
    不思議な花ですよね。
    1年を通して楽しめるみたいです。 女将

  3. tama 6月 18, 2014 9:52 AM

    女将様お元気でしょうか。
    旅館がお忙しくしておられるなら嬉しいのですがブログが更新されないと心配になります。
    老婆心が出てしまってごめんなさいね。
    大判草は花は終わっただろう何って想像しています。

  4. admin 6月 18, 2014 10:10 PM

    tama様
    そうなんです、なかなか忙しくて更新できなくてごめんなさい・・・。
    大判草の写真だけは撮ってあるので、お見せしますね。
    もうしばらくお待ちください。
    心配してくださって、ありがとうございます。 女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.