土砂崩れ

2014年8月20日

広島での土砂崩れ、とにかく驚きと被害の大きさに胸が痛みます・・・。

「過去に例をみない」だとか「想定を超えた」などの表現を最近耳にするたび、この先この国はどうなっちゃうんだろう?という不安でいっぱいになります。

被害にあった方たちが口を揃えて、「その時もの凄い音がして、生臭い匂いがしたんです」というのを聞いて、「臭い」って一体どういう臭いだったのかが、とても気になります。

自然の元では、人は何もできないなーとつくづく実感します・・・。

ご冥福をお祈りします。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. tama 8月 21, 2014 12:19 AM

    私も今朝テレビを見てあの悲惨さに心が痛みました。
    山の裾のも危ないなぁと思いました。
    何処もかしこも雑木を切って杉やヒノキに植林してしまった
    見返りが惨事を引き起こしているのでしょう。
    原発も同じで人間の作った罪です。

  2. admin 8月 21, 2014 12:39 PM

    tama様
    そうですね。
    なんとも自然災害の恐ろしさを感じます。
    いつもこういう被害が起きた時には、避難勧告の遅さを指摘されるのですが、
    いつもどこかで誰かが責任を負わされることに疑問を感じます。
    自分の身は誰かに委ねるのではなく、自分で守る・・・。
    ということでしょう。 そういう覚悟だけは持っていないとと思います。
    女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.