こんなことやってます

2015年10月17日

IMGP3275IMGP3276IMGP3277民生委員の仕事で1年に1回、「高齢者世帯調査」というのをやってますが、その他に今年初めて行う「救急医療情報キット」。市役所福祉課からの依頼です。

あくまでも65歳以上のひとり暮らしの高齢者の方が対象で、それも希望者のみというものです。

内容は、自宅で突然具合が悪くなり、救急車を呼んだ際、必要な情報(かかりつけの病院・普段飲んでいる薬・緊急連絡先)が入っている透明な容器(ペットボトルのようなもの)を冷蔵庫で保管することによって、迅速・適切な処置や活動ができるというシステムです。

シールは2種類あり、1枚は玄関ドアの内側に(外側だとひとり暮らしだということがわかってしまうので)、もう1枚は冷蔵庫のドアに貼っておきます。それで隊員が確認できます。

あくまでも希望者のみという声かけだったのですが、思っていたより希望者が多く、とても元気な65〜70歳位の高齢者(?)の方までということから、何かしら「もし家で倒れることにでもなったら・・・」という不安が常にあるんですね。

何もないことがベストですが、「備えあれば」でこういうシステムが少しでも安心のひとつになればいいなーと思って、声かけをしている日々であります。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. アルキメデス 10月 20, 2015 1:02 PM

    でも・・・
    一人暮らしということが、分かってしまう心配もありますね。

    紋別の事件もあったので・・・

  2. admin 10月 21, 2015 9:17 PM

    アルキメデス様
    そうですね、家の中に入ってシールを見るとわかってしまいますが・・・。
    あのお年寄りの事件は、独居の方には恐怖と不安でいっぱいになってしまうことでしょう。
    とても憤りを感じます。  女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.