肝に銘じる

2018年4月21日

IMGP0064「チオノドグサ」。今年も咲いてくれました。ほんの小さな植物です。

佐藤愛子さんの文章が好きで、こんな事が書いてありました。

~小説を書き始めたとき、詩人の吉田一穂先生から、こう言われました。「女はちゃんとしたものは書けない。なぜなら女はいつも自分を正しいと思ってるから」って。それを肝に銘じましてね。それから客観的に見ることを心掛けるようになりました。それが習い性となって、これは波乱万丈の人生を切り抜けるいい助けになりましたね。恨みつらみをもたなくなります。~

~人はそれぞれ自分の寸法に合った人生を生きるものなんですねえ。~

なるほど、なるほどです・・・。

年を取るほどに客観的にみること、考えることは忘れてるかもしれません。肝に銘じようっと!

 

カテゴリ:未分類 | コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.