誰のもの?って・・・

2010年10月21日

秋まで枯れずに花をつけていた紫陽花。色もブルーから赤紫色に変化し、それなりの美しさです。年をとればとったなりの美しさを見習わなければ・・・。(誰だい?そこで笑ってるのは!)

生物多様性の会議が行われていますよね。希少価値の植物や動物からの利益・権利は誰のもの?という問題を聞くたび、思いだす言葉があるんです。倉本聰さんの言葉で、「アイヌの人が先人から伝えられた言葉で、人間は自然の利息で暮らしている。だから決して元本に手をつけてはいけないんです」。私の記憶ではこの言葉はドラマ「北の国から」の最終回で使っていたように覚えています。

ここ最近、思ってもいない自然の災害。猛暑に竜巻・大雨。それによる動物や植物の異変。

もしかして、人間は知らぬ間に自然への「謙虚さ」を忘れて、その「元本」に少しずつ手をつけてるんじゃないかな?って

苫小牧の東部地区にあったたくさんの木々はどんどん切り倒され、宅地に変わっていくのを見るたび、この言葉、思い出すんです・・・。

「人間は自然の利息で暮らしている」

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. アルキメデス 10月 21, 2010 9:23 PM

    良い言葉だね。
    マタギの人たちもアイヌ人たちと同じ精神。
    山からの恵みを分けてもらっている。
    何度もそういっていました。

  2. admin 10月 22, 2010 9:33 PM

    アルキメデス様
    精力的に山登りしている様子。足の調子は大丈夫ですか?
    こういう言葉はいつまでも忘れてはいけないなーと思ってます。
    人間が一番偉いわけではないのだから・・・。 女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.