千日紅の種、刈り取りました・・・。

2010年11月20日

枯れてかりかりになった「千日紅」。咲いている時はイチゴのような可愛い花。別名が「ストロベリーフィールド」だとは知りませんでした。何でも一年草らしいので、種を取って来年に咲かせようかと考えています。スターチス同様ドライフラワーにもむいている花らしいですね。花畑も霜が下りるたび、どんどん花が無くなっていきます。そのうちに真っ白な世界です・・・。

かぼちゃを調理していると、必ずたくさんのわたと種を捨てています。お菓子やさんでは、種はお菓子の材料になったりするけれど、わたと一緒になってるので、種だけを出すということが大変で、それを研究してる方がいるらしいんです。この度何でも3種類の酵素を混ぜるとわただけが解けて液体になり、ろ過すると種だけが残ることを考え出し、そのわたもスープやコロッケの材料になるべく、研究が進んでいるらしいですよ。こうなると捨てるとこなし!ですね。ホタテのうろも然りで、普段当たり前に捨てているものを、何かできないか?っていう発案は地味だけれど、この先のことを考えるとすごいことですね・・・。

カテゴリ:未分類 | コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.