期待の四文字熟語は?

2011年9月28日

ミントの花は、キャンディーのように可愛いんです。紫陽花はとうに花盛りを過ぎてしまったけど、少しだけ色もあせてドライフラワーになりかけがまた美しかったりして・・・。人も同じ?

大関昇進で期待していた四文字熟語は「万里一空」でした。ひとつの目標に向かって精進・努力することの意。宮本武蔵が言った言葉だとか・・・。勝海舟の「正心誠意」の次は宮本武蔵。どうせだったら、「どじょうのように、泥臭く相撲に精進いたします」って言って欲しかったなー。いつの頃からでしょうか、大関・横綱昇進に四文字熟語を言うようになったのは・・・。そのたびに悩むことでしょうねー。

次の場所では日本人大関のデビューですから、是非ともどんどん得意の「がぶり寄り」で頑張って欲しいですね。もちろん豊真将の活躍も見逃せません!

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. アルキメデス 9月 28, 2011 7:11 PM

    琴奨菊は、なかなかココロ優しい男らしいよ。
    松戸の部屋周辺では、人気力士です。
    もっと強くなってほしいものです。

    ホウマショウ、キセノサトもオオバケしてほしいね。

  2. admin 9月 29, 2011 6:44 PM

    アルキメデス様
    稀勢ノ里の体からみなぎる負けん気が好きです。
    やっぱり国技ですから日本人力士を応援したい気持ちはおおいにあります。 女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.