来日

2011年11月20日

「竜は自分の心の中にいます。経験を食べながら成長していきます。自分の中の竜を大事に育てて下さい」と被災地の子供たちに語ったブータン国王。来日してから、毎日テレビでその姿が映っていました。

いつもごく自然に手を合わせるご夫妻の姿は、何とも美しくて見る人を惹きつけるものがありましたよね。「仏教徒の国だから」と言ってしまえばそれだけですが、以前にはあったはずなのに、今の日本人に失われつつあるものを省みた気がしたのですが・・・。

若いのに落ち着いていて、国王も王妃も「品」というものを感じました。国民に愛されるはず。

来日中、王妃が「ユニクロで買い物がしたい」とのことで、お付きの方々と共に来店。「ヒートテックはどこですか?」と聞かれ、ダウンジャケット2着とヒートテックのインナーを買われたそうです。高級ブランドのショップではなく、庶民的な買い物に意外で微笑ましく感じましたね。

小さな国だけれど、こういう心のこもった温かな国とも仲良く大事にしていかなきゃ!と思ったりして・・・。ね

カテゴリ:未分類 | コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.