緊急入院、そして退院

2012年1月15日

私じゃないんです。愛犬「さくら」のこと。

一昨日つれあいさんが、いつものように散歩へ行こうとすると、腰がぬけたようにフラフラ状態で歩けなくなり、様子が変・・・。撫でると体温が極端に低く、明らかに尋常ではありません。即、病院へ連れて行くと・・・。

凍死一歩手前の低体温状態で即入院。血液を採取しても血が冷たくなっていたそうで、体温は32度。(犬の基礎体温は38度らしいです)年齢からしても、非常に厳しい状態と言われ、「何かあったら夜中でも連絡さしあげます」とのこと。「えーっ」・・・。

今まで外で過去4匹飼っていても、そんなことなかったのに・・・。

ここ数日寒い日が続いたからなー・・・。

翌日朝、病院から電話があり「体温が38度に戻りました。退院しても大丈夫ですが、急に元気にはなりませんし、今までのように外飼いは無理です」とのこと。すぐ環境を整えて(温室をリフォームし、室温20度)、連れて帰ってきました。

もしものことも考えていたので、家に帰ってこられて本当によかった・・・。

でも元気はなくいつものさくらではありません。

血液検査の結果、甲状腺ホルモンの数値が低く、そのせいの低体温状態になったと考えられるそうです。でも厳しい寒さと年齢を考えられなかったことは大反省です。

今もぐったりとして元気がありません。心配・・・。ただご飯は食べるので、かすかに「生きることは食べること」と信じている私は「雑種犬の力」を信じます。

この寒さで外飼いしている犬の凍死は、珍しいことではないと先生はおっしゃってました。

改めて南極で生きていたタロ・ジロはすごい・・・。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. 川瀬 準也 1月 16, 2012 1:09 PM

    大変ご無沙汰です!
    わんちゃん、がんばれだね!
    年賀状の一言見て、ホロでした・・・・ありがとうございます。

    皆さんかわりないですか?

    三瓶さんも山崎父も・・・・

    改めて、今年が平和であります様にですよ!

  2. admin 1月 17, 2012 10:28 AM

    川瀬様!!!
    元気でしたか?コメントくれてありがとうございます。とってもうれしいです。
    おかげさまでみんな元気にやってます。
    こちらに来たら是非寄ってくださいね。
    お体大切に!  女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.