鼻歌

2012年2月29日

関東地方では、信じられない位の雪が降ってますね。

こちらは朝から快晴。外にいて家に入ると、暗くて目が慣れません。道路はこの暖かさで雪も溶け、水溜まりがあちこちに出来て、車の運転も泥はねに注意です。車も汚れてこの状態はしばらく続きますね・・・。

最近読んだ本で佐藤愛子さんのエッセイ。大好きなんですよね、佐藤愛子さん。「ばさっ!」と今どきの?を切り倒し、尚かつ痛快にコメデイータッチで。

その中で、最近は「鼻歌」を歌う人の姿が見えなくなったと・・・。

そういえば、ほんと鼻歌を歌っているおじさんさえもいないような。昔は(昭和の時代)何か手仕事をしている職業の人は、なにかしらふんふんと鼻歌を歌っていた記憶がありますね。

昔、私が小さい頃、借家住まいでその大家さんの名前は「大屋」さん。冗談のような本当の話。大家さんのおじさんは、造園屋さんでいつも長靴を履いてました。その長靴は足のサイズよりも大きかったのか、いつも「ガボガボ」と音をたてながら、必ず鼻歌を歌って草木をいじってたのを覚えています。顔は忘れてしまったけれど、その「ガボがボ」と鼻歌は印象的で・・・。

今や鼻歌は「カラオケ」に変わってしまったのかな?

鼻歌が聞こえていたあの時代はきっと、いまよりは少しだけ時間的にも心にも余裕があったのかな?

今じゃ鼻歌を歌ってる人がいたら、奇異な目で見られるか能天気にみられちゃうんじゃないかと・・・。考え過ぎ?

お義父さんは、少しだけお酒が入って気持ちがよくなると、目をつぶって宮城の歌を歌っています。

何かいいんだよなー、そんな感じ・・・。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. アルキメデス 3月 2, 2012 1:49 PM

    雪はすっかり融けて雨。
    めまぐるしいお天気の東京です。

  2. admin 3月 2, 2012 6:54 PM

    アルキメデス様
    そうですね、こちらは早くも日中お陽様がでていると、
    道路のあちこちから、つるはしで氷を割る音が聞こえます。
    懐かしいでしょう・・・。
    春が待ちきれません。 女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.