雲の形、やっぱり秋?

2012年8月31日

今朝5時の朝焼けから始まった1日。

何度空を見上げたことか・・・。見るたびにうろこ雲が形を変えて、つぎつぎと面白い模様を作り上げているのです。

夜にはカエルの声から虫の音に変わり、朝になるとトンボが飛び交っています。

トンボの姿を追っていると、雲の形が夏と違っているのが一目瞭然。

「あっ!写真!」と思ってデジカメを取りに戻って、空を見るともうさっきの形ではない・・・。

自然の美しさは一瞬にして変わってしまうから、そのときに出会った美しさに感動するのかなー。

明日は、勇払トライアスロン大会に出場する選手や家族の方が何人か宿泊します。

今週末の暑さはいかがなものでしょう?

そこそこのお天気でいいんですがね・・・。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. アルキメデス 9月 3, 2012 3:05 PM

    朝の雲と昼の雲が違うのが、今の季節の特長。
    朝は、空が高く秋の様相だけど
    昼頃に温度が上がると、水蒸気も上がって夏雲のカタチになってしまいます。

  2. admin 9月 4, 2012 9:08 PM

    アルキメデス様
    なるほど、だからことごとく雲の形が変化していくんだ・・・。
    外に出るたび、空を見上げます。
    うちからの見える空はパノラマで、最高の贅沢に思えます。
    (単なる高い建物がないってことですが・・・)  女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.