撮影会?

2018年5月21日

IMGP0081暖かだった昨日の日曜日。何やらぬいぐるみを被写体にして、わがやの前の桜の木で撮影している女性・・・。

そうだ!去年も来ていました。こちらを振り向くこともなく、ただぬいぐるみを動かしながらパチリ、パチリと。

きっとSNSに投稿するんだろうなー。

平和だ・・・。

カテゴリ:未分類 | コメント

満開

2018年5月16日

IMGP0076IMGP0077IMGP0080我が家の桜が、満開です!!!

綺麗ですよ。

ところによっては、今日は30度超えとか・・・。

日本は広い。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

厳戒態勢の勇払

2018年5月11日

李首相と安倍さんが苫小牧近辺に来ると聞いて、勇払付近は厳戒態勢。

勇払にある工場視察とやらで、道路のあちこちにお巡りさんさんが立ちんぼ・・・。

花の苗でも買いに行こうかと思っていたけれど、今日はやめようと。

夕方、無事に千歳空港からお帰りになってようで、何事もなくお天気もよくよかった、よかった・・・。

でも、急に日本に近づき始めた中国の変わりようが、なんだか怖いなー。

カテゴリ:未分類 | コメント

だるまちゃん

2018年5月8日

IMGP0071IMGP0072加古里子さんが、亡くなりました。誰しもが知っている「だるまちゃんシリーズ」の絵本。私も子育てでお世話になりました。

時代が変わっても、子供たちの好まれる絵本を書き続ける作家さんが、また一人いなくなったのは本当にさみしいことです・・・。

久しぶりにページをめくりました。

カテゴリ:未分類 | コメント

ゴールデンウイークの始まりですね

2018年4月29日

IMGP0066桜よりも一足先に、紫ツツジが咲き始めました。水仙やタンポポの黄色も目立ち始め、これからの季節が楽しみです。

ゴールデンウイーク前半は、まあまあのお天気のようですが、後半はところによっては「雪」の降るかも?とか・・・。さすが北海道! 若いころは(?)あ~休みにどっか行きたいなーと思っていましたが、今では仕事のせいもありますが、「人混みに行く位なら、家で野球でも見ていよう!」に変化。

日ハム&大谷君の活躍を応援しまーす!!!

 

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

ラブラブでーす

2018年4月23日

IMGP0065毎日、何度も現れる仲良し「カササギ夫婦」。何をしてるのかと観察すると、巣を作るちょうどいい枝を2羽で探している様子でした。(いつもラブラブ)見ていても微笑ましい光景です。

近くの公園の高い木の上に、制作中の巣を発見!

毎日、観察する楽しみが増えました・・・。

カテゴリ:未分類 | コメント

肝に銘じる

2018年4月21日

IMGP0064「チオノドグサ」。今年も咲いてくれました。ほんの小さな植物です。

佐藤愛子さんの文章が好きで、こんな事が書いてありました。

~小説を書き始めたとき、詩人の吉田一穂先生から、こう言われました。「女はちゃんとしたものは書けない。なぜなら女はいつも自分を正しいと思ってるから」って。それを肝に銘じましてね。それから客観的に見ることを心掛けるようになりました。それが習い性となって、これは波乱万丈の人生を切り抜けるいい助けになりましたね。恨みつらみをもたなくなります。~

~人はそれぞれ自分の寸法に合った人生を生きるものなんですねえ。~

なるほど、なるほどです・・・。

年を取るほどに客観的にみること、考えることは忘れてるかもしれません。肝に銘じようっと!

 

カテゴリ:未分類 | コメント

寒い日曜日は引きこもりです

2018年4月15日

IMGP0062今年も「エゾエンゴサク」の花が咲きました。もう少し背丈が大きくなるといいのですが、おチビちゃんです・・・。

今日も冷たい雨が降っていて、寒いですね。春はどこで足踏みをしてるのでしょう。

それでもようやく野菜の値段も下がって、浅漬けが気兼ねなく漬けれるようになって、昨日は「きゅうりのビール漬け」を作りました。

明日か明後日が食べごろかなー。

カテゴリ:未分類 | コメント

スタート!

2018年4月1日

IMGP0053IMGP0054ようやく北国にも「春」がやって来ました。いつもより早く、芽を出しています。

そして、今日は4月1日。新たなスタートですね。わが息子や娘も新しい職場での出発です。沢山の失敗をして沢山の経験を積み、沢山の栄養を蓄えてくれたらいいなーと思っています。

頑張れ!!!

カテゴリ:未分類 | 2 コメント

2018年3月2日

物凄い冬の嵐が通り去りました。

去年、亡くなったお義母さんのお通夜もこんな天気だったなーと思いだしました・・・。

オリンピックの話ですが、カーリングの吉田知那美さんの言葉が印象的でした。

「小さい時、こんな何もない小さい町で夢はかなわないと思っていました。だけど今、この町だから

夢が叶いました」

いい言葉で、ジーンときました。

きっと常呂町の子供たちは、沢山の夢を持ち続けていくんだろうな・・・。

こんな大人たちがいっぱいいたら、世の中は変わっていくのかもしれない。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.