悲しい事件が多すぎ

2012年9月6日

ここ数日びっくりする事件やら、悲しいニュースが多いですね。

小さな女の子を監禁したり(あのカバンの中に入れられたのには、驚きました)、札幌ではマンションから飛び降り自殺。いじめがあとを絶ちません・・・。

事件をおこした犯人、被害者の親、自殺した子供の親の気持ちをそれぞれに思うと、何ともやるせない気持ちになりますね・・・。

カテゴリ:未分類 | 2 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

2 コメント
  1. アルキメデス 9月 7, 2012 12:48 PM

    我が子を自殺で失った友人がいて、日本各地に出向き自殺防止に関する講演しています。
    先日も大津に出向いて現地での聞き取りもしてきたようです。
    水面下にどれだけのいじめがあるのだろうね。

  2. admin 9月 7, 2012 7:04 PM

    アルキメデス様
    いじめの定義がある訳ではないけれど、「無視」はいじめではないの?継続的でなければいじめではないの?
    という疑問・・・。
    中学生という年代は、残酷な年頃?と思ってしまうほど。
    今、ふと大平光代さんを思い出しました。 
    彼女なら今何て語りかけるかな? 女将



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.