シロナガスクジラ

2012年9月11日

北野武さんが、高倉健さんのことをそう例えていました。泳いでいるだけで絵になると・・・。

先週と昨日の「プロフェッショナル仕事の流儀」見ましたか?

高倉健さん。普通じゃないですね。

81歳にして背筋はピーンとして、あんなにアポロキャップが似合う81歳なんていないですよ。

かっこいい!っていうんじゃなくて、すごいの一言。

世の80代は杖に補聴器が普通。

きっと健さんという人は、周りに人がいるときは、いつも分厚い着ぐるみ「高倉健」を着て「高倉健」を演じてるんじゃないかと・・・。だってプライベートは絶対人に見せないと言うぐらいですから。役とのイメージが変わってくるからという理由で。そういえば、渥美清さんも絶対プライベートを見せない役者さんだと聞いたことがあります。

きっとその着ぐるみを剥いだら、普通にステテコはいて、うちわで扇ぎながらビール飲んでる普通のおじいさんかも・・・。でも常に70キロという体重を意識しての食事を心がけてるんだから、普段の生活もセーブしてるみたい。役者という職業は常に付きまとうんですね。

今回の映画で共演した年上の大滝秀二さんの演技に感銘し、「負けたくないね・・・」と一言。

81歳にして、今もなお「負けたくないね」の言葉は、今の健さんそのもの。

まったく仕事の世界も年代も違うけれど、ためになったことがたくさんありましたよ。

心がけと気力と努力とそして周りを思いやるやさしさで、こうなれるのでしょうか?

まだまだベールに包まれた健さんは、やっぱりすごいし、魅力的!!!

カテゴリ:未分類 | 1 コメント



コメント

コメントを書き込む場合には、下のボックスにご記入下さい。

名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント

1 コメント
  1. アルキメデス 9月 18, 2012 8:06 PM

    う〜む、しかし・・・。

    プロフェッショナルとは!?の質問に

    「・・・・生業でしょうか・・・」の答えには、

    「!?!?!?・・・でした」

    それも高倉的ですが (*^-^*)



© Copyright 北上荘苫小牧シティディジット • Powered by Wordpress • Design by Sebastin.